トイレの水漏れトラブルにおける基本知識

トイレの水漏れトラブルにおける基本知識 トイレは誰もが毎日使うものだからこそ、詰まりや水漏れなどのトラブルに備えておく必要があります。特に水漏れは放置すると大惨事になりかねないためすぐに対処しなければなりません。いざというときに慌てて対応を失敗しないよう、基本的な知識は持っておきましょう。




■症状確認と原因の特定をする

水漏れを発見したら症状から原因を特定します。ひび割れた部分から水が漏れていたり排水管から漏れているなどひと目で原因がわかるケースと、床一面が水浸しになっているなどどこが原因か不明なケースがあります。いずれのケースも、まずは止水栓を閉めることが第一です。マイナスドライバーを使って止水栓を閉め、水があふれるなどの二次被害を防ぐようにします。
水漏れの発生源が特定できているようなら、応急処置として該当部分に融着テープを巻き付けたり、コーキング材やパテでひびを防ぐ方法があります。漏れている部分にバケツを置いておくだけでも構いません。作業中に注意したいのは水をしっかり拭き取ることです。床が濡れていると滑りやすく、思わぬ二次被害が発生しないとも限りません。雑巾でしっかり拭き取ってすべらないようにしておきます。
なお、トイレが結露している場合も水漏れに似た症状が出ます。結露を放置するとカビの原因にもなりますし、水が漏れていると勘違いしないためにも、普段から換気に留意して湿気対策は行っておく必要があります。

■修理もしくはトイレを交換する
トイレの水漏れについては、基本的に水道 修理業者に対応を依頼しますが、気をつけておきたいのは修理以外の方法についても検討してみることです。なぜなら、修理をするよりも本体ごと交換したほうが結果的に得になるケースが多々あるためです。
新しいトイレは節電や節水の効果が昔と比べて格段に高まっており、たとえ交換費用が高くついたとしても、長期スパンで考えると、電気代や水道代は大幅に削減できることもあります。現在使っているトイレが古ければ古いほど修理より交換が有用だと言えます。業者への相談時には、修理にこだわらず交換も考えて話をするようにしましょう。
トイレ交換のうち、便座だけの交換であれば、比較的容易なため素人でも取り付けることができます。便座はホームセンターやインターネットなどで購入でき、交換作業時に難しい技術や特殊な工具もいりません。トイレのサイズや形状によっては取り付けできる便座が限られるため、ここだけは事前に注意が必要です。安全を期すのであれば業者へ依頼すべきですが、便座の交換だけなら費用との兼ね合いで検討してもいいかもしれません。

■失敗しない業者選びのポイント

水漏れのトラブル解決は時間との戦いです。そのため、迅速に動いてもらえることが絶対条件となります。業者によっては、全国各地にスタッフを配置するなど対応スピードを売りにしているところもあります。さらに、24時間365日対応が可能であればより安心できます。何よりも対応スピードを重視しましょう。
また、過去の施工実績もチェックしておきたいポイントです。対応事例が多ければ多いほど技術力もあると考えられます。公式サイトに掲載している情報は見ておきましょう。
業者を選ぶにあたり、見積もりを複数の業者から取るのは基本です。できるだけ安いに越したことはないですが、料金だけで判断するのも考えものです。不明点はきっちりと確認し、説明に納得できないようなら避けるようにします。

■まとめ
トラブル発生時の対応について基本的な流れを頭に入れておき、不測の事態が起こっても落ち着いて対応するようにしましょう。トラブルが発生した際はまず応急処置をした後、業者へ連絡をするようにしましょう。その後の修理に関しても、自力で対処できないこともないですが、失敗したり状況が悪化したりするケースを考え、基本的にはトイレ修理に精通している専門業者を頼るのが無難です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース